So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 12.04 alpha 2】WordPress 3.3.1をローカルサーバーにインストール -- メモ [ubuntu]

前回の記事『【Ubuntu 12.04 alpha 2】PHP5-FPM (PHP5 FastCGI Process Manager) + Apache2-MPM + MySQL (LAMP) 環境構築 -- メモ』の余談のところで、WordPressをインストールしたと記述しました。

やはり、わすれそうなのでインストール方法をメモしておきます。

使用WordPress Version 3.3.1

なお、本インストールは 『【Ubuntu 12.04 alpha 2】PHP5-FPM (PHP5 FastCGI Process Manager) + Apache2-MPM + MySQL (LAMP) 環境構築 -- メモ』で構築したサーバーに入れています。

 

<インストール方法 >

1) WordPressのダウンロード

http://ja.wordpress.org/

にアクセスしてWordPressをダウンロードします。

ダウンロードしたら端末からunzipコマンドでもfile-rollerでもよいので展開しておきます。

2) MySQLのデータベースとユーザの作成

http://localhost/phpmyadmin/

にアクセスして、rootでログインします。

上部の[データベース]タブを押して、「新規データベースを作成する」の所で"wordpress"とか"wpdb"とかわかりやすい名前でデータベース名を入れます。

SS-wordpress-007.jpeg

そしたら右側の「作成」ボタンを押します。

そうすると下図の画面になって、一覧の中に先ほど入れたデータベース名が増えているので、その行の「特権をチェックする」を押します。

SS-wordpress-016.jpeg

次の画面になるはずですので、下図のように「新しいユーザーを追加する」を押します。

SS-wordpress-017.jpeg

そうするとユーザー情報の入力欄になるはずですので、ユーザー名、ホスト名、パスワードを入れます。

SS-wordpress-018.jpeg

ユーザ名、パスワードは自分で好きなものに設定してください。ホスト名ですが、今回は同じホスト上で動かしているので、localhostとなります。上図の例では、wordpressというユーザ名で作成しています。

なお。ユーザ専用データベースの項目は一番したの「データベース”xxxxxx"への全ての権限を与える」にチェックが入っていることを確認しておいてください。※ xxxxxxの部分は、初めに設定したデータベース名になります。

ここまで入れたら、ブラウザを一番下までスクロールして「実行する」ボタンを押します。

SS-wordpress-019.jpeg

これでデータベースとユーザ名、パスワードは設定出来ました。

もし、この項目を端末からコマンドラインで行うなら、

mysql -u root -p

ここでパスワードが求められます。そしてプロンプトが「 mysql>」に変わります。そしたら、

CREATE DATABESE wordpress;

GRANT ALL ON wordpress.* TO 'wordpress'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';

quit

です。データベースの操作コマンドは全て大文字ですので注意してください。

ここで、作成したデータベース名、ユーザ名、パスワードは後で使用しますので覚えておいてください。

3) WordPressをドキュメントルートの下に持っていく

下記のコマンドで、apache2のドキュメントルートに行ってください。

cd /var/www

※ドキュメントルートの設定を変えている方は違います。設定したドキュメントルートに行ってください。

sudo cp -R /* WordPressのダウンロードしたディレクトリパス/wordpress .

このままでもよいのですが、このままだとWordPressにアクセスするアドレスが http://localhost/wordpress/ となります。

そこで、例えば下記のようにします。

sudo mv wordpress blog

すると、ブラウザでアクセスするアドレスが http://localhost/blog/ になります。本記事では、この作業は変えずに説明します。以降の説明ではアドレスを読み替えてください。

4) WordPressの設定

ブラウザで http://localhost/wordpress/ にアクセスします。

始めてアクセスすると下図が出るはずです。

SS-wordpress-012.jpeg

上図の設定ファイルを作成するを押して、その次のページも1つしか押すところが無いはずですので押します。すると下図になります。

SS-wordpress-013.jpeg

ここで2)で設定した、データベース名、ユーザ名、パスワード(上図はデタラメ)、ホスト名(localhost)を入れます。

そして「作成する」を押します。

次は、wordpressの入っているディレクトリのパーミッションによるのですが、下図が出るはずです。

SS-wordpress-014.jpeg

まだ、「インストール実行」は押さないで、上図の青い部分をコピーしておきます。(スクロールして上図のスクリーンショットの数倍の長さがあります。)

そしたら、下記のコマンドを入力して編集します。

sudo vi /var/www/wordpress/wp-config.php

開いたファイルは空のはずですので、上図のコピーしたのをそのままペーストしてセーブします。

セーブし終わったら、上図の「インストール実行」を押します。

6) ブログ用のユーザ名とパスワードなどの設定

SS-wordpress-015.jpeg

上記は見れば分かると思いますのでほとんど省略です。サイトのタイトルがブログのタイトルになります。あとは、ユーザ名、パスワード、メールアドレス、プライバシーを設定します。

そして「WordPressをインストール」を押します。すると、下図が出ます。(スクリーンショット撮り忘れで別のユーザ名のスクリーンショットになっています。)

SS-wordpress-005.jpeg

7) ログイン

後は再び、 http://localhost/wordpress/ にアクセスすると、下図がでるので先ほど登録したユーザ名、パスワードを入れます。

MySQLで設定した方ではなくて、6)で設定したユーザ名とパスワードです。

SS-wordpress-020.jpeg

ログインすると、下図のような画面になります。(こちらもスクリーンショット撮り忘れで別のユーザ名になってます。)ただ、ひょっとしたら、いきなりブログのページになるかもしれません。その時は上部右側の「こんにちわ」の隣のユーザ名をクリックすると、下図になるはずです。

SS-wordpress-006.jpeg

以上です。

手順通り、ユーザ名とかを間違えないでやれば問題ないと思います。(途中で、入力ミスしてデータベースと接続出来なかった私・・・原因探すのに時間かけてしまった。)

 

 ←WordPressデザインブック

    この本は近くの書店にあったので
    少し中をパラパラと見てみました。
    これにはインストール方法とかは
    ほとんど乗っていなくて、あくまでデザインの本です。
    インストール方法は1つ前の記事の一番したの広告の
    本に乗ってると書いてありました。
    どの程度書いてあるかは分からないけど・・・


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。